釣りは何でもそうなのですが場所が一番大事です。


特に根周りの場合は少し場所が変われば環境も魚も変わります。

アジに限らず根周りの釣りでは頻繁に錨の入れ直しをしていますが、これは場所を変えているのではなく、微妙な風向きや潮の流れの違いで錨でボートを止めていても場所が変わってしまうので、常に同じ場所に入れるようにしています。



その為には何よりも山立てです。

ちなみにどの釣りをしている時でもそうですが、竿を見るより山立てしている時間の方が長いくらいです。

それくらいずっと自分の場所を気にしてます。



こうやって良い場所に入れていれば、今日のアジはいくらでも釣れます。


型も小アジとしては良いサイズが喰ってくるので、食べる分は10匹で十分。


あとはお散歩要因。



1時間ほどで小アジは十分に釣れたので小アジ釣りは一旦終了し、小アジにリードを付けて散歩をしてもらいます。


さあ、海の中は小アジには危険がいっぱい。


これも場所が悪いとフグに突かれてしまいますが、良い場所に入れれば、

DSC_1165

69㎝・3.5㎏の良型ヒラメ。

他にはマハタも釣れて、

DSC_1166

モンゴウイカも。

ちなみにこのモンゴウイカは水面まで追いかけてきたので、そのままアジを水面で放置。

すぐに抱きついたのでタモで掬いました。


今日はイカのあたりがもの凄く多い日で、お散歩に出たアジがことごとくぼろぼろに。

途中で無くなってしまったので10分ほどアジ釣りを再開して5匹キープ、またお散歩へという忙しい一日でした。


明日もこの釣りが良さそうですが、今日アジ釣りをした感じではビシならもう少し型が良いアジが喰いそうな雰囲気。

十分な釣果は得られましたので、

DSC_1169

明日はビシ釣りでのアジを試してみます。

一応保険にサビキも用意して。



明日22日(水)、7時より出船予定です。





オオモリボート